心と身体

今日から始めるサッカーノート|低学年向けおすすめの書き方まとめ

こんなことありませんか?

・子供が何をやるにもすぐにあきらめる。
・子供のやる気がなかなか上がらない。
・子供が失敗を恐れてしまう。

親としては「もっと頑張れ」とか「何でやらないの」とつい口を出してしまうことってありますよね。でもこれってメンタルコントロールがまだまだ苦手な子供(特に低学年)には逆効果なんです。

今回は心のセルフコントロールが難しい低学年向けにサッカーノートの書き方をまとめてみました。

サッカー上達やモチベーションUPの助けとなる良いツールですので是非活用してみてはいかがでしょうか。息子も小学2年生からサッカーノートを始めましたがモチベーションUPに大いに役立ちました。

サッカーノートとは?

サッカーノートとはサッカー上達に向けた目標や、その日の練習内容・試合内容、課題や感じたことを書き込むノートのことです。

毎日継続してノートを書くことでサッカー上達はもちろんのこと、心の成長にも繋がるため多くのサッカークラブで取り入れられています。

サッカーノートの効果はプロが証明

サッカー元日本代表の中村俊輔選手や本田圭佑選手もサッカーノートを書いていたことで有名です。

中村俊輔選手のケース

中村選手は中学生年代に所属していた横浜マリノスジュニアユースから高校生年代のユースに昇格できない挫折を味わったことが、サッカーノートを書き始めたきっかけだそうです。

自分を甘やかさずに目標や課題にひたむきに向き合うことでプロサッカー選手としてマリノスに返り咲き、その後世界に羽ばたき長きにわたって日本代表の顔となりました。

サッカーノートが広く知られるようになったのは中村選手の影響と言ってもよいと思います。

本田圭佑選手のケース

本田選手は小学6年生からサッカーノートを始め、100冊以上は書いているそうです。3食何を食べたかを書く程度の日記から始め、徐々にサッカーの練習のこと、課題や反省点を書くようになり成長に繋げていったそうです。

ノートには感情的なことは一切書かず、失敗を他人のせいにしないことを心がけたそうで、本田選手の強靭なメンタルの理由が垣間見えますね。

サッカーノートが必要な3つの理由

目標を持つことで上達スピードが格段にUPする

サッカーの練習や試合をこなしていればどんな子供も上達していくと思います。ですが、目標や課題意識を持って取り組む子供とそうではない子供では上達スピードが全然違ってきます。

これまで1か月、1週間で別人のように上手になる子供(低学年ですが)をたくさん見てきました。サッカーを楽しむことは大切なことですが、上手になる子供はもっと上手になりたいという気持ちが他の子供より強いです。

サッカーノートは目標を立て、振り返り、次の目標を立てるサイクルを繰り返します。そうすることで子供が目標や課題意識を持ってサッカーに取り組むようになり、サッカー上達に繋がっていきます。

メンタルトレーニングになり心のバランスを保てる

継続することで達成感を得られ自信につながる

サッカーノートの作り方例

サッカーノートといっても決められたフォーマットはなくノートの書き方は人それぞれですが、低学年向けにおすすめの作り方をご紹介します。

サッカーノートの作り方~低学年向け~
  1. できたこと(良かったこと)を書く
  2. できなかったこと(悪かったこと)を書く
  3. 目標を立てる(明日の目標)

低学年なのでその日の振り返りと明日の目標ぐらいがちょうどよいです。1か月先の目標なんて大抵の子供は覚えてられませんし、たとえ覚えていたとしても1か月かけて達成できなかった場合、本人がやる気を失ってしまうことにもなりかねません。

また振り返りはできるだけ具体的によかった点と悪かった点を書くようにし、目標を立てる場合も具体的に数字を含むようにするとよいと思います。

できたこと:ドリブルで抜いた

できなかったこと:ゴールを決められなかった

目標:試合でゴールを決める

できたこと:ダブルタッチで〇〇君を抜いた

できなかったこと:シュートを打ったけどゴールを決められなかった

目標:試合で3ゴール決める

ちなみにノートは文房具屋さんで売ってるキャンパスノートで十分です。あらかじめ「できたこと、できなかったこと、目標」の項目が書かれているノートも売っていますが、500円程度と少々お高いのでおすすめはしません。

子供のやる気を引き出すために使いたい、といった要望もあるかもしれないので一応ご紹介しておきます。

息子のサッカーノートの内容をお見せします


小学2年生当時の息子のサッカーノートの一部をお見せします。書き始めの頃のため内容が具体的ではなく、字が汚い点はご容赦ください。(本人からは渋々OKもらいました。)

当時は朝練でコーンドリブルを中心に練習していました。できたこと、できなかったこと、できるようになりたいことを毎日意識して書かせるようにしていましたが、大事なのは何でもよいので必ず褒めることです。

子供は褒められてうれしく思わない子はいないと思います。ノートを毎日書き続けるのって子供にとっては結構大変です。息子も褒められることで自信になり、特別な事情がない限りは毎日書き続けられるようになりました。

また、自信がついたことで始めはできなかったコーンドリブルも見違えるように上手になっていきました。

ちなみに息子はお菓子や揚げ物などのカロリー高めのものが大好きなので、食事管理を意識させるために毎日の食事とおやつに何を食べたかも書かせています。

まとめ

サッカーノートは子供のメンタルコントロールやサッカー上達に大いに役立ちます。

親としてはノートの内容についつい口を出してしまいそうになりますが、グッとこらえて低学年のうちは書けただけで褒めてあげてください。

そのうち親の想像を超えて書く内容がレベルアップしていきます。もちろんサッカー自体も格段に上達していきますので暖かく見守ってあげながら取り組んでみてください。